施術を選択する前には費用のことも想定する

サイトメニュー

気を着けたい肌トラブル

注射器 いぼの手術は今では割と手軽な手術になって来ました。でも、ご自分の素肌に、お顔にダイレクトに響いてしまうリスクが伴うものです。だからこそ、そのパートナーになる信頼できるクリニック選びこそが最も重要なのではないでしょうか。

詳しく見る

病院で確実に治療しよう

女性 軽度のいぼなら市販薬で治療することもできますが、病原性の強い物は薬が効かないことが多いため、病院で手術を受けるのが良いでしょう。病院での治療は皮膚の奥のウイルスを効果的に退治することができるため、再発生率が低いというメリットがあります。

詳しく見る

邪魔なものを取り除く

女性 美容皮膚科でも美容外科でもいぼの切除手術を受けることができます。自分がどの状態にまでお肌を改善させたいのか、ということを考えて受ける施術方法を検討してみるとよいでしょう。そうすることでコンプレックスも解消できます。

詳しく見る

顔や体の悩みを解消できる

顔に触れる女性 美容整形でいぼの切除手術を受けることが可能です。治療方法はいぼの大きさによって変わります。電気メスや切縫法などの方法があり、患者本人が納得できる手術を選択できます。小さいものならば電気メスを当てる治療法が一般的です。

詳しく見る

医療機関の選択

顔に触れる女性 どうしてもいぼが気になってしまい、切除手術を受ける方法を取る人もいます。美容外科や美容皮膚科で施術を受けることができるようになっているので、まずはカウンセリングを行ってどういう施術方法になるのか確認をしましょう。

詳しく見る

様々な施術法

看護師

施術の特徴を知る

いぼは増えることもあり、悩んでいる人は多いです。いぼの除去は手術で簡単に行えて、レーザーを活用することで簡単に行えます。レーザーを活用するので、痛みや出血はなくて時間も5分ぐらいで終了します。いぼの手術後にはすぐに日常生活に戻れます。いぼの手術は美容皮膚科か病院の皮膚科で行います。同じ施術を選んでも美容皮膚科や病院の皮膚科によって、その特徴は異なります。液体窒素を使用する方法では通常ですと綿棒のようなものをいぼに押し当てますが、病院によってはスプレーを活用して多くのイボを一度に除去することが可能となっている場合もあります。炭酸ガスレーザーは細胞内の水分と反応することによってイボを除去するのを可能とします。液体窒素と炭酸ガスレーザーを使用する方法には保険が適用されます。手術後のケアを考えるのは大切で、美容皮膚科や病院の皮膚科によってはオリジナルの保護パッチなどを使用して、患部のアフターケアをすることもあります。病院の保証内容は様々で、1年間無料で再発治療が行えるところなどもあります。
いぼの手術にかかる費用は保険が適用されるか否かで大きく異なります。いぼの除去には液体窒素や炭酸ガスレーザーによる方法の他に、電気メスを使う方法などもあります。液体窒素でいぼを除去すると数個のなら保険適用だと、2000円以内で済みます。炭酸ガスレーザーや電気メスによる方法でも、保険適用ですと同じぐらいの価格で行えます。数によっては費用が数万円となることもあります。液体窒素による方法では、冷たさと痛みがありますが治療後のケアも特に必要ないので便利です。電気メスによる施術は炭酸ガスレーザーによる施術と似ていますが、施術後のアフターケアをより注意する必要があります。電気メスによる除去を受けた後は、軟膏を塗ってテープを貼ったりして十分にケアする必要があります。電気レーザーによる施術を選ぶかどうかは、術後のアフターケアなども考慮する必要があります。手術前の施術法の選択に関する相談はカウンセリングで行えます。病院の評判などを聞くのも大切ですが、カウンセリングを受けると病院の雰囲気や医師と相性が合うかどうかなども知ることができて便利です。